<Bicycle life Escape life:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

ロードバイク用リュックを買ってみた ~deuter road one ~ [Fun to Ride 自転車用品]

DSC_8784_R

えー,我が家の自転車の稼働状況見ますと,圧倒的にクロスバイクのエスケープが多かったりして,理由はと言いますと,まあ,乗りやすいのもありますが,フロントにバックつけてるからなんですね。まあ,財布だの家のカギだの自転車のカギだの入れられますから,気楽に乗り出せるわけなんです。で,マウンテンバイクやロードバイクにはバッグつけていないので,荷物があまりもてないわけであります。とはいっても,たまにマウンテンバイクやロードバイクで遠出もしたくなりますから,じゃあバッグでも買いましょうかとなったわけであります。

自転車用にバッグはといいますと,チョイ乗りのときにはななめがけのバッグをかけていますが,まあ,コレはずれまくりますから,非常に乗りづらい。後は大ぶりのメッセンジャーバッグなんかも持ってますが,これもゆさゆさ揺れますから,ライディングの邪魔にはなりますね。

まあ,一般的に売っているほとんどのリュックは程度の差こそあれ,ライディングの妨げにはなると思います。

で,見つけたのがこれ,ドイターのロード・ワン。


[ドイター] deuter ロード ワン

[ドイター] deuter ロード ワン

  • 出版社/メーカー: deuter(ドイター)
  • メディア: ウェア&シューズ


ドイター(DEUTER) ロードワン バックパック

ドイター(DEUTER) ロードワン バックパック

  • 出版社/メーカー: ドイター(DEUTER)
  • メディア: その他



 

続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

どのビンディングペダルを買えばいいの [Fun to Ride 自転車用品]

_DSC2645_R.JPG

一般の人からは,ビンディングペダルは珍しがられます。フツーはペダルが踏めればいいわけですから,必ずしも踏み面に何か細工がある必要はありません。それがメカニカルな形状をしていれば,一体何だと思われるのは当然かもしれません。

そして,これからロードバイクや,クロスバイク,マウンテンバイクを買う人たちからは,ビンディングペダルはどうなのと聞かれることも珍しくはありません。チョットしたリスクはありますので,必ずしも進めるわけではありませんが,個人的には手放せないと応えることが多いですね。

続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

バーセンターバーで空力とポジション改善 ~ロングタイプのバーエンドバーの使い道~ [クロスバイク改造日記]

_20B8720_R

エスケープをはじめとするクロスバイクやマウンテンバイクのフラットバーのメリットについて書きましたが,デメリットである,空力面と今一つ力が入りにくいことについて,どう改善するのかについて書いてみます。

ロードバイクを究極に早く走らせる方法としては(単走でね),やはりTT(タイムトライアルバイク)の形が理想でしょう。DHバーと呼ばれるハンドルバー・アタッチメントに若干前よりのサドルポジションは空力を改善しつつ,効率よく足を回せます。まあ,このバー自体はデメリットも多いので,ちまたで見かけることはほとんどありません。うまくポジションださないと呼吸がきつくなりますし,そもそもブレーキレバーから手が遠くなりますので危険です。

で,DHバーとまではいかなくても,手軽に軽く前傾のポジションと肘を寄せた空力が得られるのが,長めのバーエンドバーをバーハンドル中心につけるというセッティングです。

続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

フラットバーの頼れる仲間,バーエンドバーでエスケープを高速化してみよう ~コストパフォーマンスは絶大~ [Fun to Ride 自転車用品]

D73_0356_R

というわけで,前回フラットバーハンドルの特徴をチラッと書きました。まあ,まとめちゃうととっつきやすくて乗りやすい,ブレーキも楽にかけられるんだけど,空気抵抗的には不利だし,力は今一つ入んないよねという感じですね。

で,これらを改善するためにはドロップ化しかないのかと言いますと,バー・エンド・バーというものがあったりします。

これは,横方向に握るフラットバーハンドルに,縦方向に握る,ライザーバーを追加するというアイテムです。シンプルかつ効果のあるアイテムです。取り付けも簡単で,ブレーキ,シフターなどを変更する必要もありません。対費用効果がかなり大きなパーツだと思います。

で,一口に,バーエンドバーと言いましても,結構種類があったりします。

続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

エスケープのハンドルについて考える ~フラットバーのメリットとは~

DSCN0685_R
↑ エスケープじゃないケド純粋にフラットバーハンドル。シンプルでカッコはイイ。

久々にハンドルバーの話です。クロスバイク定番のハンドル形状と言えば,フラバ,フラットバーと呼ばれるバーハンドルですね。対して,ロードバイクなんかはドロップハンドルで,スポーツバイクの象徴とも思える形状です。クロスバイクは,オンロードのスポーツバイクなわけですから,やっぱりドロップハンドルでもいいんじゃないかと思う人もいるでしょうし,あるいは,クロスバイクをドロップハンドルにしてみたいと思う人もいると思います。

フラットバー,ハンドルのメリットってなんでしょうか。

いくつかありますが,まずはコストが安いことです。ハンドルバー自体も安いものが多く探せますし,シフターも8速までなら左右で3000前後程度です。ドロップハンドルだと,どうしてもSTIレバーになりますから,若干価格が上がります。もちろん,フラットバー用のシフターでも10速とか11速になると少々高くなりますが,それでも同クラスのSTIに比べれば安いですね。

続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ